ご注文7,800円以上で送料無料!
Cart

椿の道

Posted by CouleureStaff on
椿の道

椿という花を、
とても日本的だと思っていた私にとって、
椿がたくさん、たくさん植えられている近くの庭を
イギリスでみつけたときには、喜び以上に驚きがありました。

でも、考えてみると、
ココ・シャネルもカミリア(椿)をモチーフにしていますし、
イギリスにもカミリアが描かれた絵画や陶磁器がありますね。
椿は、日本や中国のイメージがあり、
ヨーロッパでも愛されている花です。

椿は、17世紀に日本はじめアジア諸国を訪れたケンペルによって
「Japan Rose」として書物に紹介されたそうです。
(ちなみに、ケンペルは出島から箱根を通って江戸へ行き、
将軍・徳川綱吉に2度謁見しています。
その当時の箱根越えの資料を読む機会がありましたが、
とても面白かったです。)

記録されているイギリス初の椿
(書物ではなく生きている植物)は1739年のもの。
造園に熱心だった第8代ピーター男爵の庭に、
一重の赤・白の椿があったそうです。
様々な場所に広まった椿、嬉しい文化の架け橋です。

落ちている花で、
ケーキ屋さんに、髪飾り屋さん、ブローチ屋さんごっこ。
(袖口が真っ黒でお恥ずかしい...!)

こちらは「Cornish Snow」という椿です。
コーンウォールはイギリス最西南にあり、
雪はめったに降らないと思うのですが、
3m近いこの椿の下に立つと、
雪になぞらえたくなる気持ちが伝わります。

今年もそろそろ椿は終わりです。また来年... (K)

 

 

Older Post Newer Post